サイトメニュー

うつ病であると自覚しよう

看護師

うつ病に掛っている人は自分がうつ病である事を自覚しにくいです。その理由として気分の落ち込みや無気力といった症状の為です。自分の気持ち一つで変えられると思っている人が多く専門の医療機関に通わない人が多いのです。気分の落ち込みである憂鬱とは抑うつ気分という症状なので立派な病気です。まずはこの症状が病気であるという事を自覚する事が大切です。自分で自覚しなければ自分自身で自分を追い込んでしまうので、とても危険です。早期に気づき治療をする事が大切です。また、うつ病は周りの理解も大切です。病気なので自分ではどうする事もできないという事を分かっておく必要があります。
うつ病の治療には抗うつ剤という薬を使った投薬治療がメインになります。受診はしてもうつ病だという自覚がないと自分でも治療ができると思いこみ服用を止めてしまう可能性があります。そうすると、うつ病への治療が長引いてしまうので、風邪と同じようにきちんとした治療を行う必要がある病気なのだと認めましょう。
うつ病なのだと認める事ができれば日々の生活で感じるイライラや不安、無気力感が起こってもうつ病の症状なのだと意識し直す事ができます。そのような意識付けを続けていくとイライラや不安が起こっても自分自身を攻める事も減り、治療がしやすくなります。
うつ病への理解は昔より広まっていますが、未だにうつ病へ悪いイメージは根強いです。うつ病の治療は投薬によるもの以外にも周りのサポートも必要不可欠です。また、うつ病は心の弱い人が発症する特別な病気だと思っている人も多いですが、うつ病は誰にでもかかるものです。

うつ病になる可能性は誰でもあります。その中でもうつ病になりやすい人の傾向で挙げられるのはネガティブに物事を考えてしまう人です。このことを悲観主義といいます。悲観主義になってしまうと、生活をしていて直面する色んな事柄からストレスを感じやすくなってしまいます。そのストレスが溜まり過ぎるとうつ病や他の精神疾患になってしまう原因になってしまいます。ストレスを解消する為にも悲観主義から脱却しなければいけません。どうすれば、悲観主義から脱却する事ができるのでしょうか?方法を少しだけ紹介していきます。
悲観主義を直す訓練として寝る前に一日のうちで良かった事を三つノートや紙に記すという方法があります。この方法の効果には物事をポジティブに変換する思考を身につける効果があります。毎日続けるのが理想的ですが、義務づけすぎるとそれがストレスになってしまうので、週の二日から三日行うと無理なく続けられます。紙やノートに残しておくメリットは、どんな事に幸福を感じていたかを振り返りやすいからです。最初はどんな事に自分が幸せに感じているのか分からないかもしれません。思いつかない時は一つだけでも良いのです。継続して行う事が大切なのでまずは無理のない範囲でチャレンジしてみましょう。