サイトメニュー

憂鬱とは抑うつ気分

院内

憂鬱とは抑うつ気分の事ですが、周りの人で友達がこの症状になっている時はできるだけ専門家への受診をすすめるようにしましょう。抑うつ気分になっている人の多くは自分が抑うつ気分になっているのか分からない人が多いからです。また、異変を感じていても病院受診を拒む人もいます。精神科や心療内科に抵抗を示す人が多いからです。その場合は、体が重だるいやご飯があまり食べれないといった症状で内科の受診を行い専門家受診へとつなげると精神科や心療内科受診につながります。また、受診への促しとして自分がどれだけ心配しているのかを分かってもらう事も大切です。病気になっているという前提で受診をすすめると相手に嫌な思いをさせてしまうので、あくまでも不安な気持ちを解消させに行くという目的である方向に気持ちを切り替えてもらうような声掛けが必要です。

ストレスが憂鬱である抑うつ気分にするので、ため込まない事が第一ですが、ストレスの無い生活を送るのは中々難しいです。まず自分のストレスの原因を自分で把握する事が大切です。職場でストレスを抱えて誰にも相談できないという人は勤労者向けの電話相談に頼るのがおすすめです。憂鬱とは打つ症状に繋がるものなので一人で抱え込んでいると自分で考え込んでしまい悪循環です。誰かに吐き出す事も大切ですよ。学校生活で悩みを抱えている人は学校に常駐している相談員に相談してみてください。相談を行っても気分が晴れなかったり、余計に悩みが増えてしまう場合は、専門の医療機関を受診しましょう。


季節の移り変わりで外が寒くなってくると気分が落ち込み心を閉ざしてしまう人がいます。そのような冬に起こりやすいうつ病を季節性感情障害、またはウィンターブルーといいます。季節の変わり目は体調を崩しやすいですが、気持ちも同じで季節性感情障害になってしまうと季節の変わり目で気持ちが落ち込みやすく抑うつ症状が出てしまいます。季節性感情障害は、夏から冬にかけて起こります。夏に起こると夏季うつ病、冬に起こると冬季うつ病と分けられます。冬季うつ病は十一月から十二月の冬が始まる期間に発症しやすいです。ストレスを特に感じていなくても急にやる気が起きなくなってしまったり、イライラしやすくなったりしてしまいます。イライラや気分の落ち込み期間が長い場合うつ病になっている可能性が高いです。心の状態以外にも食事を過剰に摂ってしまったり、寝ても寝てもね足りない症状が出るのも冬季うつ病の症状です。また、寒い時期になると布団から出る事が中々難しくついつい寝坊をしてしまうという人もいます。ですが、急に睡眠時間が増えてしまったり、三月から四月に掛けて睡眠時間の量が落ち着く場合は冬季うつ病を発症している可能性が高いです。冬季うつ病になる原因はいまだに分かっていません。ですが、原因の一つとして日照時間が短くなる事によって体内のホルモン分泌がうまくいかず冬季うつ病を発症してしまうと考えられています。うつ病は男性よりも女性に多いですが、冬季うつ病は女性により多い傾向があります。