サイトメニュー

うつ病の症状の種類

看護師

憂鬱とはうつ症状に発展する前の症状ですが自分が抑うつ気分症状になっていると意識するのは難しいです。また、抑うつ気分からうつ症状になった場合症状の違いによって病名が変わる事を覚えておきましょう。うつ症状にも仕事をしている時は抑うつ症状を引き起こしていて、休みの日は元気になる新型うつ病というものもあります。躁症状とうつ症状が交互に出てくる場合は双極性障害として診断されます。また、双極性障害も症状によって分類分けされます。他にもパニック障害というものもあります。パニック障害は、動悸や息切れ、突然不安に襲われるという症状です。発作は一時的なものが多く酷くなる事はありませんが、この症状から外出を控えたり、電車のような狭い空間に長時間いたりする事が難しく生活への支障が出てしまいやすいです。うつ症状は必ずしも生活に支障が出るものばかりではない事を覚えておきましょう。

うつ病のような精神疾患は心の病気といわれる事が多いですが、病気の原因は脳にある場合も多いです。研究者は脳に何らかの異常がある為、双極性障害やうつ病を発症すると考え研究を進めている人もいます。主な原因として今あげられているのは、環境や遺伝、本人の性格によって心の病気へと発展する事が多いです。うつ病を改善する方法として、自分にかかるストレスをコントロールする必要があります。その為には自分がどの位ストレスに耐えられ、対応できるのかを把握しておきましょう。自分ではどうにもできない場合は、専門機関に受診をし治療する事が大切です。早めに治療する事で悪化を防ぐ事ができます。治療の方法として内服治療がよく行われます。